技術関連の覚書

案件でやったり自宅で試したことの覚書、自宅Redmineから移行

Elasticsearch5.0

今更発掘した、 www.meetup.com

この時のメモ

Elastic Cloudは有償

バージョンの組み合わせが分かりにくいので、全部5.0に統一

kibana4.4の後なので次から5.0から

現状α版

ingest beats→でパースしてelastic →elasticsearchとbeatsだけでできるようになる

script groovyからpainless scripting

kuromoji N-best cost/example 漢数字からアラビア数字に変換

プラグインコマンド変更 /bin/elasticsearch-plugin テキストフィールド アナライズする場合はtext、しない場合はkeyword

Netty3からNetty4

analyze API

es hadoop spark2.0に対応

kibana

5になるとカラフルになる 使い勝手は変わらない

マウスオーバーで

senseがデフォルトで搭載 Consoleと言う名前になる

csvでデータインポートできる

モニタリング機能 with X-Pack

地図 認証がかかって見えなくなってたのを改修

logstash

モニタリングAPIを付けた

IPV6対応

GEO IP2対応

モニタリングAPI Moar Metrics Moar Visibility

Beats

JSONがパースできるようになった フィルタリングできるようになった

Kafka

TopbeatからMetricbeatに名前が変わった

x-pack

個別にインストールしていたものを1つにした

Kibanaの画面をPDFに

cloud

AWS Elastic Cloud Elasic Cloud Enterprise

elastic{on} TOUR 東京2016 12/15

Use Cause of Elasticsearch AND Considerations in Multi-tenancy

プロダクト紹介 RDBとの連携

セルフ管理とAWS

PyData.Tokyo

再インデクシングの高速化

ちゃんと整理しないと