読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術関連の覚書

案件でやったり自宅で試したことの覚書、自宅Redmineから移行

Ubuntu17.04

ダウンロードできたのでまずはVM(VirtualBox)でインストールしてみる

VMの設定は後で変えられるところはデフォルトのままでHDDのサイズは可変サイズにしておくと実際に使った分しか領域を取らないので大きくしておきます(デフォルト値は8GB)。

  • メモリ:1024MB
  • HDD:57GB
  • ビデオメモリ:16MB

f:id:boctok-ctpoba:20170422234941p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422234952p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422235003p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422235026p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422235013p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422235037p:plain

設定が終わったらダウンロードしたisoファイルをストレージの光学ディスクに割り当てて起動できるようにします。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235045p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422235056p:plain

光学ディスクを仕込んだら起動

f:id:boctok-ctpoba:20170422235108p:plain

Ubuntu17.04のLiveCDが起動します。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235117p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422235124p:plain

言語を日本語にして「Ubuntuをインストール」を押下してインストール開始。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235135p:plain

アップデートのダウンロード何かをしておくと便利だけど今回はお試しで時間短縮のためチェックはしません。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235152p:plain

インストール先のパーティションパーティション構成もデフォルトのまま次へ。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235224p:plain

f:id:boctok-ctpoba:20170422235238p:plain

インストールが裏で始まってますが、ここで地域の設定(タイムゾーン)を聞かれるので日本の場合はTokyoになります。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235244p:plain

キーボードの設定と言語の設定を聞かれるので自分の環境に合わせて設定します。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235253p:plain

管理ユーザのアカウントを作ります。 パスワードは文字数で以下のようになります。

長さ メッセージ
1~5 短いパスワード
6~7 弱いパスワード
8~9 まあまあのパスワード
10 良いパスワード
11以上 強いパスワード

ただし、同じ文字の連続の場合、8文字以上で「かんたんなパスワード」になります。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235305p:plain

後はインストールが終わるまで待ちます。

f:id:boctok-ctpoba:20170422235312p:plain

後は再起動するとUbuntuが起動します。 実機と違ってDVDが取り出されないので(USBで起動した場合も同様ですが)再起動するときに光学ディスクから割り当てを除去しておきます。

f:id:boctok-ctpoba:20170423000426p:plain

明日は、実際に動かしてみます。