技術関連の覚書

案件でやったり自宅で試したことの覚書、自宅Redmineから移行

AWSの無料サービス

AWSは最初の1年間無料で使えるサービスがあるけれども、最近1年過ぎても無料で使えるサービスがあることに気がついた。

無料で使えるものは便利だけど、制限超えると有料になるので注意。

とはいえ、その無料枠でも個人利用なら十分なものもいくつかあった。

無料のクラウドサービス | AWS 無料利用枠

Amazon DynamoDB

25 GB のストレージ、25 ユニットの読み込み容量と 25 ユニットの書き込み容量、Amazon DynamoDB による毎月 2 億件までのリクエスト処理に十分な容量。

25GBのストレージだと、1レコード1KBのテーブルで2500万件登録、25テーブル作って100万件使える。

毎月2億件までのリクエストって1ヶ月最大31日で2678400秒、1秒あたり1000リクエストくらいのDBアクセスくらいなので、個人用としてはほぼ無料のDBと思っていい。

Amazon Cognito

アカウントの同期化サービスのようです。 詳しくわからないので調べてみよ。

AWS CodeCommit

5アクティブユーザ/月 50GB/月のストレージ 10000Gitリクエスト/月

ユーザ数だとBitBucketと同じですが、リポジトリが2GBに達すると新しいコミットができなくなるので、50GBはかなり大きいかもしれません。

参考URLリポジトリ サイズの縮小 - アトラシアン製品ドキュメント

Amazon CloudWatch

モニタリングサービスです。

AWS CloudWatch (クラウドおよびネットワークモニタリング)| AWS

こちらは、AWSのサービスをモニタリングするためのサービスなのでAWSの他のサービスを使ってないとあまり意味ないかな? でも、使ってる人にしてみると

10 カスタムメトリクス、10 アラーム、1,000,000 API リクエスト 5 GB のログデータの取り込み 5 GB のログデータのアーカイブ 毎月最大 50 メトリクスのダッシュボード 3 個 これってかなりの量ですね

AWS X-Ray

マイクロサービスを使って構築したアプリケーションなどの分析ができます。

見た感じはAppDynamicsのような

アプリケーションパフォーマンス管理、およびモニタリング | 製品 | AppDynamics