技術関連の覚書

案件でやったり自宅で試したことの覚書、自宅Redmineから移行

EC2でサーバを作る手順

AWSでサーバを立てて見る手順

ネットワークの構築

ネットワーク構築(VPC)*1

AWSマネジメントコンソールの「ネットワーキング&コンテンツ配信」にある「VPC」をクリック

f:id:boctok-ctpoba:20170712230828p:plain:w300

VPCダッシュボードの「VPC」を選択

f:id:boctok-ctpoba:20170712230559p:plain:w300

VPC 接続の作成」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170713090904p:plain:w300

VPCを作成する

項目 入力値
名前タグ 任意の名前
PIv4 CIDR ブロック 10.0.0.0/16
IPv6 CIDR ブロック IPv6 CIDR ブロックなしを選択
テナンシー デフォルト

入力したら「はい、作成する」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170713091224p:plain:w300

インターネットゲートウェイの作成*2

ダッシュボードで「インターネットゲートウェイ」をクリック

f:id:boctok-ctpoba:20170713094238p:plain:w50

「インターネットゲートウェイの作成」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170713094759p:plain:w300

インターネットゲートウェイを作成する

項目 入力値
名前タグ 任意の名前

入力したら「はい、作成する」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170713095436p:plain:w300

この時点でまだアタッチされていないのでアタッチする

f:id:boctok-ctpoba:20170713100207p:plain:w300

前に作成したVPSを選択して「はい、アタッチする」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170713100907p:plain:w300

サブネットの作成*3

ダッシュボードの「サブネット」をクリック

f:id:boctok-ctpoba:20170713101302p:plain:w300

「サブネットの作成」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170714000641p:plain:w300

サブネットを作る

項目 入力値
名前タグ 任意
VPC 登録したVPCタグ
アベイラビリティーゾーン 任意
IPv4 CIDR ブロック 10.0.10.0/24

入力したら「はい、作成する」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170714001253p:plain:w300

ルートテーブルの作成

「ルートテーブル」を選択

f:id:boctok-ctpoba:20170715232417p:plain

「ルートテーブルの作成」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170716001546p:plain:w300

項目 入力値
名前タグ 任意
VPC 作成したVPCを選択

入力したら「はい、作成する」を押下

サブネットの関連付け

下の方にあるタブから「サブネットの関連付け」を選択

f:id:boctok-ctpoba:20170716235925p:plain:w300

「編集」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170716235208p:plain:w300

先ほど作成したサブネットを選択して「保存」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717000359p:plain:w300

インターネットゲートウェイの設定

タブから「ルート」を選択

f:id:boctok-ctpoba:20170717000751p:plain:w300

「編集」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717000850p:plain:w300

「別のルートを追加」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717001022p:plain:w300

項目 入力値
送信先 0.0.0.0/0
ターゲット 作成したインターネットゲートウェイ*4

入力したら「保存」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717001330p:plain

ルートテーブルの確認

ダッシュボードで「サブネット」を選択した後作成したサブネットにチェックを入れる

ルートテーブルタブを選択して内容を確認する

インスタンス構築(EC2)

ホーム画面の「コンピューティング」にある「EC2」を選択

インスタンスの作成」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717002317p:plain:w300

AMIからAmazon Linux AMIを選択

f:id:boctok-ctpoba:20170717002529p:plain:w300

インスタンスタイプ「t2.micro」を選択して「次の手順:インスタンスの詳細の設定」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717003006p:plain:w300

項目 設定値
インスタンス 1
ネットワーク 作成したVPC
サブネット 作成したサブネット
自動割り当てパブリック IP 有効化
テナンシー 共有-共有ハードウェアインスタンスの実行

「ネットワークインターフェイス」の「IPの追加」を押下して 「プライマリIP」に「10.0.10.*5を設定

入力したら「次の手順:ストレージの追加」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717150247p:plain:w300

値はデフォルト値のまま(サイズ=8G、ボリュームタイプ=SSD)「次の手順:タグの追加」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717152844p:plain:w300

「タグの追加」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717154523p:plain:w300

キーと値を設定して「次の手順:セキュリティグループの設定」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717155929p:plain:w300

セキュリティグループ名を任意に設定してデフォルトのセキュリティグループをに チェックして「確認と作成」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717161426p:plain:w300

「起動」を押下してキーペアの作成

f:id:boctok-ctpoba:20170717165612p:plain:w300

ダッシュボードで「キーペア」を選択し、「キーペアの作成」を押下 任意の名前をつけて「作成」を押下

f:id:boctok-ctpoba:20170717164929p:plain:w300

公開鍵がダウンロードされるので任意のディレクトリ(通常 ~/.ssh の下)に移動して読み取り専用に変更 chmod 400 公開鍵.pem

インスタンスの状態がrunningになったら

f:id:boctok-ctpoba:20170717215507p:plain:w300

ssh -i 公開鍵.pem ec2-user@パブリックIPのアドレス

で接続してみる

*1:Virtual Private Cloud

*2:インターネット経由でVPCに接続するためのゲートウェイ

*3:VPC内での分割したネットワーク。ネットワークを分割することで他のサブネットに影響を与えにくくすることで安全性を高める。

*4:フォーカスすると候補が出てきます

*5:は任意の値、1はダメだった